2017年

1月

12日

幼稚園で入園希望者の願書約110枚盗まれる 千葉・松戸市

 

 

千葉県の幼稚園で起きた、謎の窃盗事件。盗まれたのは、2017年度の入園希望者の願書およそ110枚だった。いったい、何が目的なのか。


閑静な住宅街の中に、事件のあった幼稚園がある。


建物の中にあった入園願書およそ110枚が盗まれたという。


千葉・松戸市にある、さつき幼稚園。

 


11日午前7時半すぎ、入り口のガラス戸が割られているのを園長が発見し、110番通報した。
警察が園内を調べたところ、1階の文書を保管する部屋から、2017年度の入園希望者などの願書およそ110枚がなくなっていたことがわかった。
近所の人は「ここら辺ではなじみの評判のいい幼稚園。(昔は)入園願書をもらうのに、並んでいる人がいるくらい」と話した。


さつき幼稚園では、2016年11月、3歳から5歳までの子どもたちを対象に、入園希望者を募集。
定員は、およそ100人で、申し込み順に入園を許可し、面接を経て、入園料などを払った子どもについて、2017年4月からの入園が決まっていた。


幼稚園では、午後4時ごろ人がいなくなるということだが、犯人は園長が来る翌日午前7時半までの間に侵入し、願書を盗んでいったものとみられる。


警察によると、園内の広い範囲に物色された跡があったが、願書以外は盗まれていなかったという。
願書には、入園希望者の子どもや保護者の住所など、個人情報が記載されている。


園児の保護者は「すごくショックだった。家族構成とか旦那の勤務先、全部住所も載っているので、いいことではない。ほかのお母さん方も、個人情報を心配している」と話した。
警察は、何者かが園内に侵入し、願書を探し出して盗んだ可能性があるとみて、捜査している。

 

フジテレビから転載