小野学園幼稚園

小野学園幼稚園

★幼稚園データ

○住所: 品川区西大井1-6-13 

○電話:  03-3774-1158

○アクセス: 

JR総武線快速横須賀線「西大井駅」下車、徒歩5分

JR京浜東北線、東急大井町線「大井町駅」下車、徒歩10分

りんかい線「大井町駅」下車、徒歩10分

 

○HP: http://www.onogakuen.jp/you/index.html

○創立: 昭和24年

 

サブデータ

○保育料: 312,000円/年

○保育時間: 

 月~金曜日 ・・・午前8時30分~午後1時00分

 土曜日   ・・・午前8時30分~午前11時00分

 

○預かり保育:月~金曜日 

 

○土曜日: 午前8時30分~午前11時00分

○制服: あり

○送迎バス: 

本園では通園児の安全のために希望者に送迎用スクールバス(6台)を運行し ています。朝は8時10~9時30分帰りは13時10~14時30分(土曜日は11時10分~12時30分)の間。 各コースに分かれて運行しています。

 

○昼食:弁当

    ただしパン・牛乳の購入もできます。

    又、希望者は週2日、給食(24年度、1食300円)を申し込み可能

○ 英会話

外人教師による子供英会話教室

 

○本学園の中高生によるボランティア活動

 

○本学園では希望者に保育後、専門の講師を招いて約一時間の特別教育活動を行い、園児の体位向上と豊かな情操を養う事に大きな成果を上げています。

教室は、水泳・絵画・体操・音感リズム・平成25年度10月~花まる学習会小野学園教室・26年度からはECCジュニア小野学園教室・キッズバレエ教室が新たに加わります。

★入園試験

○面接:保護者のみ (7~8分)

○幼児考査:行動観察・運動テスト・生活常識(10分)

 

○考査日にアンケート提出あります。(志望理由・通園方法・家族構成など)

 

★教育内容・特徴

【教育の理念】

小野学園は、昭和23年、現在の地に移転しました。その際に総合学園となり、幼稚園は小学校と共に設立されました。

以来、教育の基本は「人をつくること」という信念のもとに、子ども自身の伸びる力を信じて、これを助長する環境作りを土台に、次の3つの教育方針を柱にどんな時代にも生きていける子どもの育成を基本方針としています。

 

 

【教育方針】

すこやかに 心もからだも健康な明るいこども

 

おおらかに 思いやりがあり、友達と仲良く協力して遊ぶこども

 

たくましく 正しい判断力を持ち、自分から行動する意欲をもつこども

 

教育の基本は人をつくることだと思います。特に二十一世紀を背負っていかなければならない幼児達には、自分で生きてゆく力の基礎を今からしっかりとつけておくことが大切です。

本来幼児期というのは、人としてのしつけが最も充実する時期であり、又外からの働きかけに対しても、より速く大きく吸収する能力が備わってくる極めて重要な時期です。

本園ではこの大切な時期に、幼児が本来持っている自分から伸びようとする力を更に助長するための環境づくりをして、心身の総合的発達を促します。そして一人ひとりの子供の可能性を信じ、ご両親と協力してどんな時代にも生きてゆけるすこやかで、おおらかな、たくましい子供を育てたいと願っています。

 

 

【特徴】

本園は私立といっても学校法人立ですので、教育のみを目的に計画性をもって運営されている公共性・永続性の高い幼稚園です。

従って公費の助成もあり、また本園の場合は小・中・高も併設されておりますので、校舎その他の教育的環境も整っています。

幼稚園の創立は昭和23年で、卒業生の多くは既に実社会の各分野で活躍しています。

 

 

ひとこと・口コミ

○関連小学校へは試験がある。

○天然芝の園庭があり、子どもたちは元気よく過ごしています。

プチ自慢!

小野学園幼稚園

『記念講堂』

小野学園は、今年80周年を迎え、「80周年記念講堂」が建てられました。

新しい講堂で観る映画は、大きなスクリーンで大迫力です!

小野学園幼稚園

『屋内の温水プール』

床の可動式装置により、子ども達に合わせた水深で水泳指導が行われています。

『天然芝のグラウンド』

子ども達は、外遊びの時には裸足でかけまわっています。

見慣れない小鳥達もよってきて都心では珍しいくらい、自然に親しむ体験が出きます。

『プレイガーデン』

新幹線の遊具は子ども達に大人気です。

行事紹介

小野学園幼稚園

『盆踊りの夕べ』

幼稚園の子ども達が楽しめるように小・中・高の生徒さんや先生方が皆でお手伝いをしてくれます。

『ひなまつり発表会』

一年間の集大成としてお遊戯や劇を保護者の方にみていただきます。

衣装は先生の手作りです。